信頼関係を築く機会に #59

みなさん

 

こんにちは。

 

先日の雨で、桜があっという間に散ってしまい、もう4月も後半でGWがもうすぐ。

 

我が家は、次女が4月から中学1年生になり、先週入学式に行ってきました。

 

うちは娘がふたりなんで、「中学生の入学式」などこれから終わっていく行事がみんな「最後」になります。

 

逆に上の子の場合は、どんな行事でも「最初」になります。

 

なんか、最初ってやっぱり親はテンションが上がり、一方下の子の時は若干”二番煎じ感”があり、「下の子の時は、上の子の時ほど…」となると思っていたんですが、入学式に出席し、「もうこの瞬間って二度とないんよな」と思うと、上の子の入学式の時とはまた違った感情が湧いてきて、少なくとも想定していた”二番煎じ感”は全く感じませんでした。

 

「じゃあ、子ども3人の真ん中の子の時は”二番煎じ感”が漂って、かわいそうですよね。」と言われても、うちはふたりなんでよくわかりません(笑)。

 


信頼関係を築く機会に

3/31と4/1にドッと入居してきまして、新入生歓迎会などもしてとても慌ただしかったんですが、その合間にお部屋の不具合があちこちで見られ、道具箱を持ってあっち行ったり、こっち行ったりしていました。

 

不具合の内容としては、

  1. 洗濯機の水栓からの水漏れ
  2. 洗面のタオル掛けが外れてる
  3. お風呂の排水が悪い

が上位3つで、あとは「カーテンレールが欠落」「トイレのレバーがゆるい」「洗濯機の排水が悪い」あたりがありました。

 

入居前にチェックできていない自分の管理不足で、タオル掛けなんかはこれから必ずチェックしておこうと思います。

 

さらに、洗濯機の水栓ですが、これが12部屋中5部屋ありました。

 

3/20まで入居していた子は何も言っていなかったのでそのままにしていたんですが、次の子が洗濯機を設置すると、電気屋さんが「大家さんに言って、直してもらってください」と…。

 

あまりに多かったので、来年は入居前に全部交換してしまおうと思っています。

 

 

でも、この修理の機会って、入居者と、特に両親と話をするいい機会ではあるんですよね。

 

上記の不具合程度ならすべて自力で修理できるので、連絡貰ってお部屋に行って修理を始めると、まず「大家さん、自分でやるんですか?」と言われます。

 

工具も部品もある程度は準備をしているし、今回のように5部屋もしたら、15分くらいで洗濯水栓を交換できるようになりました(笑)。

 

そこで、特にお母さんといろいろな話ができるんですよね。

 

内容はちょっと書けませんが、ご両親に安心感を持ってもらうためには、不具合の修理はなかなか捨てがたい機会です。

 

だからといって、わざと不具合を内包しておくのはあんまりなんで、ほどほどにしておきます(笑)。

 


時事対策勉強会4/26

 

先週4/12の勉強会は「初めての経済学入門」は、経済学の初歩の初歩を自分なりに解説し、最後には確認テストまでやって終わりました。

 

学生さんは何とか食らいついてやってくれました!

 

次回は来週の水曜日4/26の17:30~となります。

 

お題は「2017上半期、注目企業を10社紹介」です。

 

頑張っている企業、苦戦している企業などを取り上げ、新聞記事を基にみんなで学ぼうと思います。

 

これからインターンや就活を考えている学生の興味を広げるためにやりますが、「世の中でこんな頑張っている会社があるんだ!」とか「これはあかんわ…(笑)」とか、会社の取り組みに興味がある社会人の方の参加もOKです。

 

学生さんは参加料が300円ですが、社会人の方は500円となります(資料・ワンドリンク込)。

 

参加希望の方は、ご連絡ください。

 


「関西つばめ学生部」が始動!

経済的に困難なご家庭の子どもたちに無料で勉強を教える「宝塚つばめ学習会」。

 

毎週月曜日に開催しており、来週で12回目の開催となります。

 

初回は、生徒さん4名でスタートしましたが、先週中学生がひとり入会し、生徒さんが7名になり、定員8名に近づいてきました。

 

そして、同じ「つばめ」を名乗り関西で活動する教室が連携し、まずは講師の学生同士で横のつながりを持とうということで、「関西つばめ学生部」が発足しました。

 

 

そして、「はばたけ!関西つばめ学生部」というブログが立ち上がり、第1回に「宝塚つばめ学習会」を取り上げてくれています。

 

いろんな人に私たちの活動を知ってもらい、子どもたちの可能性を広げることに繋がっていったらと願っています。

 


最後までお読みいただき、ありがとうございました!

次回のニュースレターの配信は、5/5頃を予定しています。

近況やご感想などもお待ちしております。

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    山田 康夫 (日曜日, 23 4月 2017 22:48)

    大学生に対しての『時事対策勉強会』は大変、有意義なことです。小生はJICAの仕事で、海外の大学で
    五年間、国際経済と日本語を学生達に教えていましたが、その経験からも学生達が政治、経済、社会に自分の意見を明確に持てるよう教育することだと痛感しています。この事は社会人になる以前、学生時代に養っておく必要があるからです。海外、特に米国では、学生時代にデベート教育で鍛えられますが日本では遅れています。それを補う意味でも『時事対策勉強会』は有意義です。

  • #2

    皐月 秀起 (火曜日, 25 4月 2017 11:01)

    山田さん
    コメントありがとうございます!。JICAでの5年間、すごいご経験ですね。
    学生たちが自分の意見を明確に持つには、あまりに社会や経済や政治の知識が少なすぎるので、そられを少しずつ補っていきたいと思います。