アザレアに読書室が誕生!

アザレア43の建物内に、こんな空きスペースがあります。

 

エントランスから入ってすぐ、階段の左隣にあり、広さは約7m2くらい。

 

窓から、外の駐輪場が見えますね。

床も汚くってですね、年に数回のクロスの張り替え工事の機械・資材置き場程度でした。

 

何とかこのスペースを生かしたいなあと、以前アンケートを取ったりもしたんですが、ピンとくるものがイマイチなく、放置しておりました。

 

そんなスペースをこの度、読書室にすることにしました。

 

 

 

まず、この汚い床を、職人さんに張り替えてもらい・・・、

 

こんな感じに。

 

うーん、きれいになりますね!

 

次に、IKEAに家具を買い出しに。

 

本棚とマガジンラックは、ホワイト色に統一し、

 

丸テーブル2つと、椅子を4脚、設置しました。

 

だいぶ、雰囲気が出てきました!

 

 

部屋全体はこんな感じですね。

 

 

そして、最後の仕上げに、家に眠っている本や雑誌を持ち込み、こんな感じに飾ってみました。

そもそもなぜ読書室にしようと思ったかというと、一番は「大学生に新聞を読ませたいな」と思ったからです。

 

今年、13人の新入生が入り、それぞれキャンパスライフをエンジョイしているようですが、3年後には就職活動が始まり、4年後には社会人になるわけです(全員ではないだろうけど)。

 

それを見据えた際に、「新聞くらいは読めるようになったらいいだろうな」と。

 

でも、みんな新聞ってとらないんですよね。

 

興味のある・なしや、費用的な問題やいろいろ理由はあるでしょうが、それなら大家のおっちゃんが置いてやろうと(笑)。

 

それで、ただ新聞だけぽんと置いてもつまらないので、ゆっくり読むための机や椅子、それに興味が広がるだろうと、他の書籍もどっさり置きました。

 

さらには、ちょっと見えにくいですが、私が書評を書いてるんですよね。

 

これは若干やりすぎ感がありますが(笑)、パッと手に取るきっかけになればいいなと思っています。

まだオープンして2週目ですが、こうやって新聞を広げてる子が少しずつ見られるようになってきました。

 

入居者の評判も上々で、これはこれでよかったかなと思っているんですが、課題がひとつ。

 

置いている書籍・雑誌が女性向けではないんですよね(苦笑)。

 

少し、ヒアリングをするなどして、女性向けも充実させていきたいです。