酪農学園大学とデントコーン

先週の北海道出張の折、酪農学園大学のキャンパスを歩いてきました。

 

パオ35は、酪農学園大学の徒歩圏内で、入居者さんの約半分が酪農さんの生徒さんです。

 

2月に訪問した時は一面雪でしたが、今回は晴天だったということもあり、緑がキラキラしてました。

 

酪農が中心の「農食環境学」と「獣医学」が2本柱の大学で、広大なキャンパスを有しています。

 

奥に見えるのが本館ですが、その手前に見えるのがぜーんぶ「とうもろこし」です。

 

どんなとうもろこしか作業員の方に聞いてみると、これらは「デント(馬歯種)コーン」といって、食用ではなく主に家畜用の飼料になるとのこと。

 

スイートコーンやポップコーンは聞いたことがありますが(笑)、デントコーンって初めて聞きました。

 

それにしても、すごい量のコーンです。

 

さすが、酪農大学!